参考情報(2016年12月掲載分)

東京都障害者差別解消支援地域協議会が、共生社会の実現に向けた普及啓発や体制整備等の取組検討を進めることを目的として、平成28(2016)年4月の障害者差別解消法の施行以降の事例を収集するため、「障害者差別事例及び合理的配慮の好事例等の調査」を行いました。(締切は、2016年12月16日(金)でした。応募のしかた、詳細については、同協議会のサイトをご参照ください。)

 

(注)同協議会に、事例を応募した場合であっても、応募した意見がすべて今後の東京都の行政活動に反映されるものではありません。そうした認識にもとづき、意見の応募は、各自の責任において、直接行っていただきました。東京支部としての意見の取りまとめや、事例の応募は行っておりません。

 

 

親と子のためのお役立ち情報(その1)

このページでは、二分脊椎症の方ご本人と親御さんのためのお役立ち情報を、掲載していく予定です。(現在、作成途中です。)


1. 親と子のためのライフマップ

 

 二分脊椎児の誕生から成人後のことまで、どのような治療や医療を受けていくのか、どのような生活上の注意が必要か、といったことを俯瞰(ふかん)できる表を、協会本部のHPからダウンロードすることができます。

 

2. 医療費のこと(準備中)

  • 各自治体での医療費助成
  • 小児慢性疾患への助成
  • 15歳以上になった場合

 

3. 福祉機器の情報

 

(1) 福祉機器の展示会


毎年開催されている、車椅子をはじめとする各種福祉機器の展示会には次のようなものがあります。詳しくは、それぞれのホームページをご覧ください。

 

キッズフェスタ(毎年4月後半の土日に、羽田空港近くのTRC東京流通センターにて開催。子供用福祉機器が一堂に展示されます。)

 

国際福祉機器展(H.C.R.) (毎年9月後半または10月前半の平日に、東京ビッグサイトにて開催。子供用から大人用まで、あらゆる種類の福祉機器が展示されています。また、セミナーや講演会などのイベントも実施されます。2015年は、10月7日(水)から9日(金)まで開催されます。)


(2) 車椅子シーティング、車椅子テクニック・セミナー NEW!


日本車椅子シーティング協会

 車椅子には、目的に合った姿勢で、快適に座ることが大切です。シーティングについての情報を提供している協会のホームページです。


こっぱ舎主催車椅子テクニック・セミナー

 「車椅子操作を実践的に学ぶこと」や「車椅子ユーザー同士・家族同士の交流と情報交換をすること」を目的として、毎年5月頃に埼玉県周辺で開催されています。家族やきょうだい用の車椅子も用意されており、家族みんなで参加して楽しめます。

 講師の岡野善記さんは、スウェーデンで車椅子インストラクターの講習を受け、 2005年から講師を務められています。岡野さんは、東京支部でも講演をして下さったこともある方です。


車いすで広げよう!

 パシフィック・サプライ株式会社主催。自分の意思で移動したいという想いをお持ちの方が、より自由に・より楽しく・よりアクティブに乗りこなすための車いすトレーニングイベントです。

 今年度の東京での開催は、5月に終了していますが、来年度に向けて、興味のある方は、上記サイトをチェックしてみて下さい。

 

4. スポーツ、レクリエーションの情報

 

(1) 東京都の障害者スポーツセンター

 

 北区と国立市にそれぞれ、障害者スポーツセンターがあります。利用者証を作ると、プールや体育館を利用できたり、センター主催のスポーツ教室に参加できます。詳しくは、それぞれのホームページをご覧ください。

 

 東京都障害者総合スポーツセンター(北区十条台)

 

 多摩障害者スポーツセンター(国立市富士見台)

 

(2) 登山の情報

 

● 車椅子で登山は無理、と思いがちですが、東京近郊で、車椅子でも、がんばればなんとか頂上まで行ける山があります。それは、高尾山! ただし、高尾山ホームページに記載されている「1号路」という登山コースで行く必要があります。

 

「このコースはケーブルカー清滝駅前広場の右端から上り始めます。薬王院に参拝するための表参道で、薬王院に至るまでの参道はすべて舗装されています。」(高尾山公式HPより抜粋)

 

ケーブルカーは、車椅子でも乗れます。

ケーブルカーの高尾山駅で降りて、薬王院までの道は、上記のとおりすべて舗装されており、楽に上れます。

薬王院から上に行くには、通常は階段ルートになりますが、薬王院の一番にぎわっているお店があるエリアの左手に、小道があり、そこをずっと進むと、途中から舗装がされていないガタガタ道になりますが、なんとか車椅子に乗ったままでも頂上に行けます。ただ、車椅子単独では厳しいので、介助で押してくれる方がいたほうがよいでしょう。

(なお、本HP作成者が登山をしたのは、2012年10月であり、その後、状況が変わっている可能性もありますので、ご注意下さい。)

 

5. おでかけに役立つ情報(町のバリアフリー情報)(準備中)

 

6. 車椅子での記念写真撮影用の貸衣装展示会(終了しました。)

 

神奈川支部の会員様から、提供していただいた情報を掲載しました。

 

なお、下記イベントは、二分脊椎協会東京支部/神奈川支部の主催ではありません。

あくまでも、ご紹介として掲載しました。

イベント自体は2015年6月7日に終了しましたが、車椅子での振袖やドレスの記念撮影について、興味のある方は、下記の主催者の方にお問い合わせ下さい。

 

***********************
主催: (株)ケイプランニング~ SPフォトプラン~

== 振袖 ==
車椅子でも楽に着付けできるセパレート式の振袖(レンタル)がございます。

 

***********************